エプソン プリンター インク交換

もう高いインクは使えない?!主婦の節約術!

インクナビは株式会社ジーストリームの運営するインクのナビサイトで、消費者にとってよりお得で使いやすいインクなどの情報を提供している企業です。インクナビではほぼ純正と同じように高品質プリントが可能な互換インクなどの情報が提供されています。

 

 

互換インクはプリンターのメーカーが販売している純正インクと互換性をもっているインクのことを言います。

 

 

純正ではないけれどもそのメーカーのプリンターで使用できるインクのことを言い、非純正メーカーでも純正インクと変わらずに、プリンターにセットするといつも通りにプリントすることができるという商品です。

 

 

互換性インクは価格的なメリットがあり、メーカーが製造する純正インクよりも安いという利点があります。

 

 

純正インクが高い理由はいくつかあると言われていますが、プリンターメーカーは本体を安く販売していることが多いため、消耗品で利益を獲得する必要があるといったことで高い価格が設定されていると言われています。

 

 

しかし、利用する場合には消耗品はできるだけ安く手に入れたいというユーザーも多くいます。

 

 

そうした点から所有プリンターにぴったりの互換インクは、必要なインクをよりリーズナブルに使うことができるという点でも人気が高いのです。

 

 

こうした互換インクの特徴を比較したり、価格を比較することができるインクナビというサイトは、そうした利用者にとって利便性が高くてとても役立つ情報が掲載されているのです。

 

 

つまり、インクナビではプリンターインクの印刷の綺麗さや価格、サービス内容などの有用な情報が掲載されており、こうした点を比較することでよりニーズに合った商品を入手することが可能になっているのです。

 

 

ただ、互換インクについては価格は安いといった大きなメリットがあるのですが、故障や不具合といったリスクが純正品よりも高くなると言われており、こうしたインクを利用する場合は自己責任で利用するようになっているのです。

 

 

しかし、少しでも証文品代を抑えることでよりリーズナブルに印刷をしたいという人はとても多く、インクナビはそうした人々にどの製品がどれくらいの価格になっているのかといった情報などを提供しており、安くプリンターインクを手に入れたいという人々から支持されているサイトです。

 

 

このように、このサイトは消費者にとってよりお得で使いやすいインクなどの情報を提供されており、よりお得な商品を探すことができるサイトなのです。

 

プリンターはインク代が高い!お困りの人必見

インクナビは全てのインクを互換インクなら純正の半額の値段で購入することが出来て、価格の高さに悩みを抱えている方を解決へと導きます。

 

 

もちろん安い価格だとトラブルが心配だったりしますが、コストは抑えたいけれど問題なく印刷が出来てトラブルが無いのがインクナビの互換インクです。

 

 

インクナビよりも安い互換インクもたくさんありますが、必要以上にコストを削り過ぎるとその分品質に問題が起こりやすくなります。

 

 

インクナビの価格帯なら正常稼働率が99.9%と高く、印刷物も問題なく綺麗に仕上がりトラブルの心配も無いです。

 

 

家庭以外にもオフィスのコスト削減にも繋がって、年間コストや純正と同じ枚数が印刷できる実績もあります。

 

 

実際に比較してみるとインク1セットの印刷枚数は、純正498枚・リサイクル509枚・インクナビ491枚と印刷枚数にほとんど違いは無いです。

 

 

1枚当たりのインク代は1枚当たり7円で、コンビニでコピー機を利用するよりも安く済み純正の半額になります。

 

 

インクきれになった最後の印刷物を3種類とも、同じくらい綺麗に印刷することが出来ています。

 

 

万が一の場合には利用者が安心出来るようにインクは、すぐに交換・返品に応じて2年間の安心保障があります。

 

 

型番を間違えて注文したり、プリンタを買い替えて買い置きインクが不要の場合でも交換が可能です。

 

 

互換インクを使用したらプリンタが故障した場合に、メーカーで修理をして貰えないのではと不安を感じる方もいます。

 

 

もちろんプリンタメーカーは自社の製造するもの以外の動作確認を行っていないので、補償はして貰えません。

 

 

しかし修理がして貰えないのではなく、ほとんどのメーカーが優勝なら修理はして貰えます。

 

 

純正インクを使用していても無償で修理をして貰えるのは、基本的に1年間なので1年以上利用している方は万が一壊れてしまったら純正を使っていても優勝になってしまうので、価格を優先しても同じことです。

 

 

互換インクを使用中にプリンタが壊れてしまった場合には、サポート窓口でプリンタの修理代を保証するサービスもあります。

 

 

それか新品のプリンタを提供するか選ぶことも可能です。

 

 

新品のプリンタを選ぶと通常は修理対象期間が5年間しか受け付けていませんが、5年以上経過したものでも新品のプリンタを使用できます。

 

 

修理代を選ぶとこれまで使っていたものを引き続き使うことが出来て、修理代を後から振り込んで貰うことも可能です。

 

>>インクナビ公式通販ショップはこちらから<<